MoMAコレクションアーティスト・⼟佐尚⼦が、新作映像作品「Sound of Ikebana:⾳のいけばな」を #NFT アートとしてオークションへ出品

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を⾏う、CryptoGames株式会社(東京都渋⾕区、代表取締役:⼩澤 孝太)及び、現代アーティストのプロダクション事業を⾏う株式会社HARTi(東京都港区、代表取締役:吉⽥ 勇也)は、現代の先端技術を使った⽇本⽂化の芸術表現をテーマにしている芸術家:⼟佐尚⼦が制作した新作:1/2000秒で撮影された映像作品「Sound of Ikebana:⾳のいけばな」の30秒の新作⼀点を出品し、3⽉24⽇(⽔) 0時よりオークションを実施することをお知らせいたします。

「命輝く未来社会」をテーマに、コロナ禍の⼤変な状況の中で⽣まれた⺟⼦、そして医療従事者への感謝と⽀援を⾏うため、⾚ちゃんの産声を”いけばな”作品とした「世界にたった⼀つのいけばな」を提供します。オークションによる収益の⼀部は、医療機関に寄付をさせていただきます。

24才で制作した映像作品がニューヨーク近代美術館のコレクションになった⼟佐尚⼦のNFT作品をいち早く出品させていただくことで、国内外の持続可能な美術市場の発展にも寄与すべく、このような企画を考案いたしました。

本プロジェクト特設サイト
https://artnft.herokuapp.com/naokotosa

MoMAコレクションの詳細
https://www.moma.org/collection/works/120154

<⼟佐尚⼦ 略歴>

感情・意識・物語・⺠族性といった⼈間が歴史の中で⾏為や⽂法などの形で蓄えてきた⽇本美を、先端技術で表現する「カルチュラル・コンピューティング」を提唱し、作品制作、研究を⾏う。⼈⼯知能(AI)による感情⾳声対話研究で⼯学博⼠(東京⼤学)。MIT Center for Visual Studeis でArtist Fellow修了。

ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館での招待展⽰をはじめ、賞歴は、「インタラクティブポエム」でロレアル⼤賞受賞(1997年)、ユネスコデジタル無形遺産2位受賞コンピュータによる⼭⽔禅「ZEN Computer」(2004年)、2012年韓国麗⽔万博で350m x 30mのメインストリートのLEDスクリーンに⿓を泳がせ功労賞受賞、プロジェクションマッピング 「サウンドオブ⽣け花」グッドデザイン賞受賞(2014年)など。京都府事業:琳派400年記念プロジェクションマッピング⼟佐琳派を実施。近年では、2016年⽂化庁⽂化交流使として、ニューヨークタイムススクエア60台以上のビルボードで 「サウンドオブ⽣け花(春)」を毎夜1ヶ⽉間放映し、⽂化交流を⾏った。

作品は、ニューヨーク近代美術館、国⽴国際美術館、富⼭県⽴近代美術館、名古屋県⽴美術館、⾼松市⽴美術館などで収蔵されている。

<NFTの詳細について>

*Sound of Ikebana 作品イメージ

作品タイトル: Sound of Ikebana(⾳のいけばな)
発⾏枚数:1枚
オークション開始時間:2021年3⽉24⽇(⽔) 0時(⽇本時間)
オークション終了時間:2021年3⽉31⽇(⽔) 24時(⽇本時間)
販売場所:https://opensea.io/accounts/naokotosa
特設サイト:https://artnft.herokuapp.com/naokotosa

<プロダクションサポートに関するコメント>

本企画は、現代アーティストのプロダクション事業を展開する株式会社HARTiと、NFT事業展開に関して国内で3年以上実績を持つCryptoGames株式会社の連携により実施いたします。学術機関からの評価も定まっている現代美術家のNFT作品のアートオークション事例は⽇本初となります。先端技術を⽤いて芸術産業全体の盛り上げや、医療従事者の皆様へのエールとなりますよう、本企画の技術的⽀援からプロダクションサポートを⾏わせていただきます。

<NFT(ノンファンジブルトークン)とは>

NFTとは、唯⼀無⼆の「世界に1つだけのデータ」の価値を⽣み出せる代替不可能なトークンです。2018年頃に登場し、ブロックチェーン技術を活⽤する事でコピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は⾃由に⼆次流通を⾏うことがでます。

現在、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートにNFTが活⽤されていますが、今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活⽤されていくことが予想されます。特にNFTアート分野は、2021年初頭より数千万円でのNFTの販売が海外で話題となっており、現在注⽬されている分野です。

<株式会社HARTi >

「感性が巡る経済を創る」を企業理念に、現代アーティストのプロダクション事業を通じてウェルビーイングな経済圏の創造に取り組む。提携アーティスト数は50種類80名を超える。現代アーティストのブランディング〜プロモーション等のビジネス面のトータルサポートを行う「HARTi Incubatrion」、法人向けのアートのパーソナルオーダーサービス事業「HARTi」等を展開。2019年、東洋経済「すごいベンチャー100」受賞。2020年、シリコンバレー発のアクセラレーター「Plug and Play Japan」のBrand & Retail部門にてAward受賞。日中イノベーションセンター理事企業。

会社名:     株式会社HARTi 
代表者:     吉田勇也 
設立:        2019年2月18日 
資本金:     30,000,000円(資本準備金を含む。*2021年3月時点)
所在地:     東京本社:東京都港区六本木7-9-4 
中国拠点:北京市海淀区清華大学明斎349(清華大学内)
事業内容:  現代アーティストのプロダクション事業 
URL:        https://harti.tokyo/
E-mail: contact@harti.tokyo

<CryptoGames株式会社>

ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリース。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施いたしました。

2021年3月12日に、世界初のVtuberのNFTブランド「VtuberNFT」をリリースし販売開始3分で即完売いたしました。また、イラストレーターやクリエイターが簡単にNFTを発行できる、NFTプラットフォーム「NFTStudio」のローンチを2021年3月に予定しております。

社名: CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です