日本初!CryptoArtとNFTゲーム「クリプトスペルズ」での使用を兼ねた「バレエアートNFT」の発売を開始

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行う、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、バレエアートユニット「POiNT」とコラボし、日本初、NFTゲーム「クリプトスペルズ」でも使用できるCryptoArtとして、「バレエアートNFT」をPOiNTのOpenSeaアカウント上で発売することをお知らせいたします。

<POiNTとは>

POiNT(ARISA・MIKU・MOE)は、幼少期からバレエを踊り続けてきた、3人で結成されたバレエヴォーカルユニット。“クラシックバレエをもっと身近に”という想いから、バレエ×歌×POiNTオリジナルストーリー×テクノロジーを組み合わせた、新しいエンターテイメントの形「21世紀バレエアート」を発信するべく、多方面で活動中。

今回、CryptoGames株式会社とのコラボを通じて、「バレエアートNFT」という新しい表現に挑戦します。

​<販売NFT例>
POiNT 21st century ballet art collection 001—3 ARISA Sea

NFTゲーム「クリプトスペルズ」でのパラメータに関しましては、ゲーム内カード図鑑ページ(https://cryptospells.jp/cards?rarity=spirit)をご覧ください。

なお、当バレエアートNFTは仮想空間Decentraland上のCryptoArtGallery「VportalGallery」上でも期間限定で展示されます。(協力:Vportal Community)

<販売詳細>

販売URL:https://opensea.io/accounts/POiNT
販売時間:2021年3月14日 (日)20:00-(日本時間)
販売場所:opensea
販売価格(予定):0.05ETH~0.1ETH
発行枚数(予定):合計8枚
展示会会場 : https://play.decentraland.org/?position=142%2C-38&realm=loki-amber
※スマフォ非対応。PC及びmacのブラウザからアクセス可能。

<NFT(ノンファンジブルトークン)とは>

NFTとは、唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能なトークンです。2018年頃に登場し、ブロックチェーン技術を活用する事でコピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことがでます。

現在、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートにNFTが活用されていますが、今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想されます。
特にNFTアート分野は、2021年初頭より数千万円でのNFTの販売が海外で話題となっており、現在注目されている分野です。

<CryptoSpellsについて>

『クリプトスペルズ』はウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンカードゲームです。 NFT(ノンファンジブルトークン)でカードを発行することで、ユーザーは自由に取引を行うことが可能です。2019年6月25日に正式リリースし、売上金額は初日で600ETHを突破し、日本最大級のブロックチェーンゲームとなりました。また、2020年6月には初のテレビCMも実施いたしました。

WEB: https://cryptospells.jp/
iOS: https://apps.apple.com/app/id1514059580
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.smartapp.gowallet.csp
Twitter: https://twitter.com/crypto_spells

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です