博報堂DYMP主催<未来のIPを掘り起こせ!dAppsゲームハッカソン「dapcon」

博報堂DYメディアパートナーズ主催のブロックチェーンゲームハッカソン「dapcon」にてCryptoGames社が協賛及び運営支援、また、弊社小澤が審査員としての参加いたしました。下記イベント詳細となります。

=====

概要

dapconは、ブロックチェーンゲームを開発する博報堂DYメディアパートナーズ主催のハッカソンです。

ブロックチェーンゲームは所有するNFTを複数ゲームで自由に使える、という特徴がありますが、ゲームを提供する企業毎にNFTの規格が異なったり、企業間の契約などが必要になるため中々実装が進んでいないのが現状です。

本来は、複数のIPコンテンツがブロックチェーン上に存在しており、その中から自由にアセットを組み合わせてゲームを作ることが理想のdApps開発なのではと我々は考えています。

本イベントは、複数の協力企業を募り、アセットがたくさん入ったおもちゃ箱を用意して、参加者の皆さまに自由におもちゃを組み合わせてゲームを作ってもらう企画となります。
すでにリリースされているブロックチェーンゲームのキャラクターや様々なIPコンテンツ(随時追加予定、ギリギリまで交渉中です)を集めましたので、自由にゲームアイデアを組み合わせ、理想のゲームを開発してみてはいかがでしょうか?

普段のゲーム開発でIPコンテンツの垣根を超えることは中々無いと思うので、自由にコンテンツを組み合わせてゲームを作る、
未来のdApps開発の一端を体験する機会になれば幸いです。

期間限定のイベントではありますが、一足先に2-3年先のブロックチェーンゲーム開発に挑戦してみてください!!

他サイトでの申込みはこちらpeatix:https://peatix.com/event/create2/1384789/edit#/advancedconnpassページ : https://neutrino.connpass.com/event/155753/

以下詳細————————————

参加料:無料

スケジュール:1/11(土) アイディアソン 〜 開発期間(オンライン) 〜 1/24(金)プレゼン発表  

参加募集人数:50人(エンジニア、プラナー、デザイナー、dAppsゲーマーなど)
       見学枠 / 個人エントリー / グループエントリー 可(5名以内)
賞金:10万円、その他協力企業により賞を授与予定


<各協力企業 提供賞品一覧>
オタクコイン10万枚を贈呈
くりぷ豚オリジナルマグカップ」(最大5名分)
dapcon限定 クリプトスペルズ「ゴールドカードNFT」
MCHメダル各種1つずつ
東北ずん子のグッズ色々
その他協力企業については、随時更新予定

審査基準:最優秀賞の審査基準は以下の通りです。
     ※協力企業賞の審査基準は非公開とします。

・以下4つの審査基準で各審査員が審査を行い、算出された総合点で順位を決定します。
 上位1チームに最優秀賞を贈呈します。

 ①独創性(アイディアが優れているか)
 ②ゲーム性(ゲームとして優れているか)
 ③技術性(ビジョンを実現するためにどういう技術を使用しているか)
 ④パッション性(使ったIPへの愛とプレゼン)
   ※プロダクト提出時に動作確認ができないレベルの完成度である場合、
    総得点から一定の点数を減点させていただきます。

イベント背景

ブロックチェーンゲームは、ゲームの中にブロックチェーン技術を取り込むことで「ゲームを遊ぶことが価値になる」ことが革新的であり、既存ゲームと一線を画する部分です。今までのゲームはゲーム内の価値を現実に持ち出すことは出来ませんでしたが、ブロックチェーンゲームはゲームを遊ぶことが価値として残つため、実際にお金を稼いだり、資産として保有することが可能です。

この特徴が広く知らせるようになれば、4-5年先の近い未来、「価値として残る」ゲームと「価値として残らない」ゲームのどちらがユーザーに選ばれるようになるかは明白です。

そこで、博報堂DYメディアパートナーズでは4-5年後に訪れる未来、「ゲームを遊ぶことが価値になる世界、Play to Asset」を実現を目指すチーム「PlayAsset」を設立しました。PlayAssetはブロックチェーンゲームがマス化する時の障害となる課題を解決するプロダクトを開発するチームです。

我々は弊社のリソースをこの業界に投入することでPlay to Assetな世界の到来が1-2年早くなるのではと、日々熱量を持って開発に取り組み、本イベントで使用するIP Ledgerが最初のプロダクトになります。IP Ledgerはコンテンツの著作権をブロックチェーンで安全に管理し、ブロックチェーンゲーム上でコンテンツ取引が発生するたびに著作料がIPホルダーに還元されるシステムを提供します。将来的にブロックチェーンゲームに大手IPコンテンツが参入してくることを考えて制作しており、本イベントはPoCを兼ねたものとなっております。 ※IP=Interllectual Propery, 知的財産権の略称

今回のイベントを通して、ブロックチェーンゲーム市場へのIPコンテンツの流入や、コンテンツ開発の機会の創出を実現し、ブロックチェーンゲームの世界が生活者に浸透していくことの一助になれますと幸いです。

タイムスケジュール

※必須参加は1/11と1/24ですが、チームの誰かが参加していればエントリー可能です。

2020/1/11 Sat :アイディアソン@渋谷ニュートリノ
 09:30:受付開始
 10:00:オープニング開始
 10:05:開会の挨拶とPlayAsset説明

 10:10:IPコンテンツ提供企業ご紹介
 10:30:サポートdApps企業&メンターご紹介
 11:00:IP Ledger&API説明
 11:10:アイディアソン 開始
 12:30:チーム毎にアイディアソン&お昼
 19:00:アイディアソン最終発表

2020/1/12 Sun〜1/22 Wed : dAppsゲーム開発@オンライン
 ※各チームで動いていただきます。

2020/1/24 Fri : ハッカソン結果発表 @赤坂Bizタワー29F
 18:30:受付開始
 19:00:オープニング開始
 19:05:開会の挨拶
 19:10:各チームプレゼン@チームブース
 19:40:審査員巡回
 20:15:審査集計
 20:30:審査発表
 20:40:表彰
 21:15-23:30:懇親会 (無料:参加任意となります。)

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

アクセス

1日目(1/11) 会場
場所: Neutrino Tokyo
住所: 東京都渋谷区桜丘町12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス1階
   ビルの入り口は2階になっております。
   建物に入ったら、エレベーターで1階におりてください。渋谷駅から徒歩6分

2日目(1/24) 会場
場所:博報堂DYMP
住所:〒107-6321 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー29F

審査員

  • 株式会社Arc Marketing Director 伊藤 裕樹 氏
  • 一般社団法人オタクコイン協会
    理事 小高 奈皇光 氏
  • 株式会社ジーンアイドル
    代表取締役社長 小幡拓弥 氏

  • 株式会社GoodLuck3
    代表取締役社長 井上 和久 氏@オンライン

  • CryptoGames株式会社
    代表取締役 小澤孝太 氏
  • SSS LLC.
    CEO 小田恭央 氏

  • 株式会社doublejumptokyo
    リードエンジニア 満足亮 氏

  • 株式会社ブループリント
    代表取締役社長 松本健一 氏

参加対象

– エンジニア

– プラナー

– デザイナー

– dAppsゲーマー

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。

持ち物

ノートパソコン

参加費

無料

ハッシュタグ

#dapcon

Q&A

Q1. 開発の言語は指定がありますか?
A1. いえ、指定はありません。お好きな物をご選択ください

Q2. 発表当日にテストはできるのでしょうか?
A2. はい、ご用意をしておりますので、その旨をお伝え下さい。

Q3. IP Ledgerを触ったことがないのですが…
A3. IP Ledgerは今年に新しく発表されたもののため、ほとんどの参加者が初めて触れるものだと思われます。シンプルで扱いやすい内容なので、ぜひ面白い用途を考えてみてください。

Q4. IP Ledgerの登録時に作成するコンテンツ利用規約には何を書けばよいのか?
A4. コンテンツ利用規約には利用範囲(エロ、グロ作品への転載可否)、違反行為(商用利用、ライツ表示の有無)、NFT発行枚数制限(ゲーム上で何枚発行してよいか)などを記述して頂く予定です。

Q5. IP Ledgerに2次元の画像データを登録したとすると、画像データを編集して使用することは可能か
A5. コンテンツの加工については、IPホルダーが設定したコンテンツ利用規約によります。加工が禁止されていれば、画像データをそのまま使用しなければならず、加工が可能であれば画像から3Dモデルを作成してもokです

Q6. IP Ledgerを経由して生まれたNFTが取引される時の価格は誰が決めるのか?
A6. 価格はBtoCの形であれば2次開発を行ったdApps開発者、CtoCであれば出品するユーザーにより設定されます。

Q7. ゲーム内NFT発行枚数の制限はどこで行うのか?
A7. 発行枚数の制限は2次開発を行うdApps開発者側で行います。枚数はIP Ledger上に記録されたコンテンツ利用規約に準じます。

Q8. Openseaなどの取引除外で個別に交換が行われた場合、手数料の還元は受けられるか?
A8. 可能です。NFTの移動の度に手数料を徴収する仕組みになっています。

Q9. ご飯は出ますか?
A9. 11日の昼、24日の懇親会の食事は用意してあります。

Q10. 1日だけの参加も可能ですか?
A10. チーム内の他の参加者の方にご迷惑をかける恐れがありますので、1日のみの参加はご遠慮いただいております。

Q11. 当日、地方から行くので到着が間に合わないかもしれませんが、問題ないでしょうか?
A11. 遅れての参加は可能ですが、極力避けていただくようにお願いいたします。ハッカソン開始後にチーム組みをその場で行います。到着が遅れますと、組み終わった後のチームにご参加いただく形になる場合がございますので、その点はご了承くださいますようお願いいたします。

Q12. 個人参加なのですが、チームビルディングの時間はありますか?
A12. はい、初日のイベント概要説明後に個人参加の方同士でのチームビルディングの時間を用意させていただいております。

注意事項

  • 今回のイベントはブロックチェーンの健全な発展に貢献するためのものであり
     投資に関するものではありません。また、本イベントでは、主催者よりイベントの様子を
     写真・動画等で撮影させていただく場合がございます。撮影された写真・動画などは、
     各メディアでの掲載の可能性がある他、Twitter等のSNSへ配信いたします。
     映り込みなどされる可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

  • IPコンテンツは、協力企業が提供するIPコンテンツのみ使用することが可能となります。
     他のIPコンテンツを使用することは禁止となります。

  • 投資・投資勧誘が目的でのご来場はご遠慮ください。
     会場内にてそのような行為を発見した場合はご退場いただく場合があります。
  • 上記の理由によりこれまでのイベントで来場をお断りした方の参加はお断りさせていただきます。

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」が国内で初めて、仮想通貨取引サービス『Coincheck』とコラボキャンペーンを実施!

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、運営するブロックチェーンゲーム「Crypto Spells(クリプトスペルズ、以下クリスペ)」において、コインチェック株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡)の運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」とコラボキャンペーンを実施することをお知らせいたします 。このキャンペーンにより、クリスペのさらなる発展とブロックチェーンゲーム業界の拡大を目指します。

<Coincheck×クリスペ コラボキャンペーン>

■キャンペーン概要
Coincheck及びクリスペユーザーのうち、下記の参加条件を満たした全ユーザーに『クリスマス スノーマン(シルバー)』をプレゼント。さらに抽選で30名様に『クリスマス スノーマン(ゴールド)』をプレゼント

■キャンペーン期間
12月1日12:00~12月31日12:00(日本時間)

■参加条件
1. キャンペーン期間内にクリスペを開始しているユーザー
2. コインチェックからクリスペでお使いのウォレットアドレスにETHを入金
3. 0.1ETH以上のSPLを購入
4. 申請フォームより(コインチェックユーザーID、クリスペユーザーID)を申請
(申請フォーム:https://forms.gle/HtRvPXBNEbzuonWw8

※1送金には確認のため時間がかかる場合があります。また、ネットワークが混雑した場合、送金が遅延することがあります。
※2  特設フォームからの申請がキャンペーン期間内だったユーザーをキャンペーン対象者といたします。
※3 Coincheckからコントラクトアドレスへの送金ができないため、コントラクトウォレットであるDapperの使用はできません。

<対象ツイートをリツイートしたクリスペユーザーにプレゼントキャンペーン>

キャンペーンツイートをリツイートしたクリスペユーザーに、抽選で20名様にAmazonギフト券を2000円をプレゼント!

キャンペーン詳細はこちら: https://medium.com/crypto-spells/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3-75c15928c13a

 <クリプトスペルズとは>

『クリプトスペルズ』はウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンカードゲームです。NFTでカードを発行することで、ユーザーは所有権が証明され、自由な取引を行うことが可能です。2019年6月25日に正式リリースし、売上は2週間で900ETH(当時レートおよそ3000万円)を突破し、国内ブロックチェーンゲームでは最高記録となりました。

クリプトスペルズ公式サイト: https://cryptospells.jp/
Twitter: https://twitter.com/crypto_spells
OpenSea:https://opensea.io/assets/cryptospells

またTwitterで「#クリスペ 」でご検索いただくと、ユーザーの方々の熱狂を感じていただけます。

<コインチェック株式会社 会社概要>

商号:コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
本社:〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立:2012年8月28日
資本金:1億円
代表取締役:蓮尾聡
仮想通貨交換業登録: 関東財務局長 第00014号

提供サービス:
Coincheck   https://coincheck.com
Coincheck貸仮想通貨 https://coincheck.com/ja/lending
Coincheckでんき https://coincheck.com/ja/denki
Coincheckガス https://coincheck.com/ja/gas
Coincheckアンケート https://coincheck.com/ja/survey
Coincehckつみたて https://coincheck.com/ja/reserves_lp

<CryptoGames株式会社 会社概要>

社名: CryptoGames株式会社

所在地:東京都 渋谷区 桜丘町 12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス 1階 Neutrino Tokyo代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

ブロックチェーンカードゲームに特化した開発支援を開始。ゲームエンジン及びソースコード等を提供

ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」の開発運営を行う、クリプトゲームス株式会社(代表取締役:小澤 孝太)は、カードゲームに特化したブロックチェーンゲームの開発支援を開始し、ゲームエンジン及びソースコード等の提供を行うことをお知らせいたします。

クリプトゲームス株式会社はブロックチェーン業界の発展の為、今後も様々な取り組みの実施を予定しております。


 <目的>
・ブロックチェーンTCG事業者数の増加
・ブロックチェーンTCGの開発期間、及び開発費用の圧縮

<ご提供・支援内容>​
・デジタルTCGのゲームエンジン,ソースコード
・TCGなど不完全なNFTの発行,管理機能
・仮想通貨ウォレットなしでのブロックチェーンゲームスキーム (特許申請中)
・クリプトスペルズとのNFTコンバート
・技術,運営コンサルティング

<対象事業者様>​
・アナログカードゲーム、デジタルカードゲーム(終了サービス含む)運営事業者様
・IP所有事業者様
・ブロックチェーンゲーム開発予定事業者様
・クリプトスペルズNFTを活用した、サードパーティでのサービス開発予定事業者様

 <クリプトスペルズとは>
『クリプトスペルズ』はウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンカードゲームです。NFTでカードを発行することで、ユーザーは所有権が証明され、自由な取引を行うことが可能です。
2019年6月25日に正式リリースし、クラウドセール 売上は2週間で900ETH(当時レートおよそ3000万円)を突破し、国産ブロックチェーンゲームで最高記録となりました。

Web: https://cryptospells.jp/
Twitter: https://twitter.com/crypto_spells
OpenSea:https://opensea.io/assets/cryptospells

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

【特許取得】得喪が発生しない可能性のあるランダム性を用いた財物の販売スキーム

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社(会社:東京都渋谷区 代表取締役:小澤 孝太)は、「ブロックチェーンを用いた、得喪が発生しない可能性のあるランダム性を用いた財物の販売スキーム」が発明として認められ、ビジネスモデル特許を取得したことをお知らせいたします。


■課題背景
ブロックチェーンゲームにおけるNFT(NonFungibleToken)等、財物及び、経済上の利益があるデジタルデータの販売において、ランダム性を用いた販売を行った場合、ユーザーに得喪が生じる可能性があるため、刑法賭博罪(偶然の勝負に関し,博戯または賭け事によって財物の得喪を決める行為をする罪 <刑法 185>)への該当可能性が高いという問題がありました。
本特許では、ブロックチェーン技術等を用い、「ユーザーに得喪のうち”喪”が生じないランダム性を用いた販売方法」を実現することで、様々な分野における新しいビジネスモデル構築の可能性があると考えております。なお本特許は「得喪が発生しない”可能性のある”」スキームであり、実用化においては、今後様々な専門家との議論が必要と考えております。


■特許の概要
・特許番号 :特許6572493
・発明の名称 :情報取引プログラム及び情報処理装置

主に下記の2点により、「ユーザーに得喪のうち”喪”が生じないランダム性を用いた販売方法」を実現いたします。

①一次流通において販売されている価格を元に、必ずユーザーが投入した金額以上の財物が排出されることを保証
②ブロックチェーンのロックタイム機能や、サーバーでのトークンの転送制限を用いることで、一次流通が行われている期間に2次流通市場が形成されることを制御

■コメント
本特許は現段階において、弊社サービスへの導入予定はございません。刑法に関連するとてもセンシティブな分野のため、今後日本国内において、様々な議論や法整備が進んでいくことを前提に取得を行なっております。

CryptoGames社では、ブロックチェーン技術に関連した特許を現在も複数件申請しており、今後もブロックチェーン業界の発展及び、新しいビジネスモデルの模索に尽力してまいります。

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

<クリプトスペルズとは>

『クリプトスペルズ』はウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンカードゲームです。 ERC721でカードを記録することで、ユーザーは所有権が証明され、自由な取引を行うことが可能です。2019年6月25日に正式リリースし、初日で売上金額が600ETHを突破いたしました。

Web: https://cryptospells.jp/
Twitter: https://twitter.com/crypto_spells
OpenSea:https://opensea.io/assets/cryptospells

Tokyo Blockchain Game Conference 2019への参加について

2019年9月16日に開催された「Tokyo Blockchain Game Conference 2019」において、弊社代表の小澤が登壇いたしました。


https://tbgc.events

When

16th Sep 2019 Monday Conference 9:30~19:30 (9:00 open) Networking Party 19:30-21:30

Where

TUNNEL TOKYO
東京都品川区西品川1-1-1
住友不動産大崎ガーデンタワー 9階

Speakers / Panelists

Blockchain Game Developers
Blockchain industry key players
NFT investors
VC

Mission Statement

こんにちは小澤です。

チームのメンバー・関係者が増えてきたこともあり、CryptoGames社の「ブロックチェーンでゲームをもっと面白くする」というヴィジョンを達成するため、大事にしている価値観をMission Statement(行動指針)として改めて明文化しました。

事業・チームの状況を踏まえて随時アップデートしていきます。

Mission Statement(行動指針)

リスクをとってチャレンジ

-チャレンジをしないことが最もリスク

自走する組織

-自ら学び、自ら考え、自ら行動することが個人の成長に一番つながり、個人の成長が事業の成長につながる

自分たちがゲームを一番楽しむ

-徹底的なユーザー目線とサービス愛

体が資本!筋トレ推奨

-(自戒も込めて)

メンバー募集

CryptoGames社では「ブロックチェーンでゲームをもっと面白くする」というヴィジョンの達成に向け、ブロックチェーンゲーム 市場に一緒に挑戦してくれる仲間を募集しています。ぜひお気軽にご連絡ください。

info@cryptogames.co.jp

MCH+Hackathon #1 への協賛のお知らせ


2019年8/10に開催される「MCH+Hackathon #1」において、「CryptoSpells賞」を協賛させていただくことになりました。

CryptoGames株式会社では、ブロックチェーンゲーム 業界の発展に向け、今後も積極的に協賛等を行なってまいります。

【MCH+Hackathon #1 NFTを用いたゲーム制作!】

https://mchplus.connpass.com/event/139194/

主催

BLOCKCHAIN PROseed

日時

2019年 8月10日 9:00~20:30

場所

ニュートリノ

住所:東京都渋谷区桜丘町12−10 住友不動産渋谷インフォスアネックス 1階

協賛

・MCH+ (double jump.tokyo株式会社)

・CryptoSpells(CryptoGames株式会社)

ご協賛いただける場合や協賛内容のご相談・ご質問は、info@mch.plus 宛にご連絡ください。

開会式の際に紹介させていただき、協賛は賞・経費に使用させていただきます。

・MCH+賞:3ETH+MCHメダル(Rare)

・CryptoSpells賞:MCH+ハッカソン限定ゴールドカード『炎熱の咆哮 イフリート』

上記は追加/変更の可能性がございます。

ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」クラウドセール 2週間で売上900ETH(およそ3000万円)を超え、累積黒字化見込み

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」を2019年6月25日に正式リリース及びクラウドセールを開始し、7月9日のクラウドセール終了の段階でゲーム内通貨SPLの売上金額が累計900ETH(およそ3000万円)を超え、累積黒字化見込み※であることをお知らせいたします。​

※仮想通貨Ethereumの2019年7月10日時点での価格を参照しています

<クラウドセールについて>
期間:2019年6月25日20時〜7月10日19時※
※SPLの購入は6月18日より開始

販売カード
・リミテッドレジェンド 2種類(完売)
・レジェンド 3種類(完売)
・ゴールド 3種類

リミテッドレジェンド・レジェンドカード、全5種類は完売され、一部カードは1枚30ETH(およそ99万円)まで価格が高騰いたしました。

<クリプトスペルズとは>
https://cryptospells.jp

『クリプトスペルズ』はブロックチェーン技術を取り入れて開発されたWebゲームです。 ゲーム内のアセットがEthereum上に記録されていることで、ユーザーの所有権が証明され、ゲーム内外での自由な売買を行うことが可能です。

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」クラウドセール 初日で売上600ETH(およそ2000万円)を突破。一部カードの価格が30ETHほどまで高騰。

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」を2019年6月25日に正式リリース及びクラウドセールを開始し、ゲーム内通貨SPLの売上金額が累計600ETH(およそ2000万円)を超えたことをお知らせいたします。

<クリプトスペルズとは>

https://cryptospells.jp

『クリプトスペルズ』はブロックチェーン技術を取り入れて開発されたWebゲームです。 ERC721規格でのカードを記録することで、ユーザーの所有権が証明され、自由な売買を行うことが可能です。

<クラウドセールについて>
2019年6月25日20時よりクラウドセールを開始し、初日でゲーム内通貨SPLの売上が600ETH(およそ2000万円)を突破したことをお知らせいたします。

※SPLとはゲーム内で使用可能なゲーム内通貨を指します。
※SPLの購入は6月18日のアップデートより開始。

クラウドセール の販売方法は、double jump.tokyo株式会社の「MCH+」からご提供いただいている、在庫連動型ダッチオークションとなり、一部のカードは300,000SPL(30ETH)まで価格が高騰いたしました。
クラウドセール は7月9日19時まで実施予定となります。

<ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」とは>
https://www.mch.plus/

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」6/25よりクラウドセールを開始。最高レアリティカードの開始価格は10ETH(約30万円)

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、ブロックチェーンゲームTCG「クリプトスペルズ」のロードマップの公開及び、2019年6月25日よりクラウドセールを開始することをお知らせいたします。

<クリプトスペルズとは>
https://cryptospells.jp

『クリプトスペルズ』はブロックチェーン技術を取り入れて開発されたWebゲームです。 ERC721規格でのカードを記録することで、ユーザーの所有権が証明され、自由な売買を行うことが可能です。

<クラウドセールについて>
2019年6月25日20時より、クラウドセールを実施いたします。
セール方法は在庫連動型のダッチオークションとなり、時間の経過によって価格が下落し、購入されるたびに価格が上昇いたします。カードはゲーム内通貨SPLにて購入が可能です。


​レアリティごとに、最大発行枚数及びセール開始価格が異なります。
・リミテッドレジェンド(最大発行枚数9枚):開始価格100,000SPL(10ETH)
・レジェンド(最大発行枚数19枚):開始価格20,000SPL(2ETH)
・ゴールド(最大発行枚数999枚):開始価格1,000SPL(0.1ETH)
 


クラウドセール詳細
https://medium.com/crypto-spells/cryptospells-6-25-crowd-sale-001-5baa38d1f6d4

<ロードマップ>
ステークホルダー様向けに、2019年3Qのロードマップ資料を公開いたしました
https://medium.com/crypto-spells/cryptospells-2019-3q-roadmap-5fdc2c4bf0b6

<会社概要>
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp