「レプリカ・オタクコイン」NFTを約5,000アドレスへ配布完了。所有者はマーケットプレイス「nanakusa」で配布分NFTを確認可能に。Polygon上の取引に必要なMaticも同時配布

本日、CryptoGames株式会社・一般社団法人オタクコイン協会・株式会社スマートアプリは、100個限定で販売後30分で完売した「レプリカ・オタクコイン」NFT*1 のキャンペーン配布分を含む約5,000アドレスへ配布が完了し、あわせてPolygon(Matic)*2対応のマーケットプレイス「nanakusa」で配布されたNFTを確認可能になったと発表しました。

また、約5,000アドレスへPolygon上の取引に必要なMaticも一括配布を行いました(5,000アドレスを超えるNFTならびにMaticの一括配布は、CryptoGames株式会社が独自に開発したシステムを活用)。

2021年年初からホットトレンドとなっているNFTですが、NFTの製造原価に影響するイーサリアムの取引手数料(=通称・GAS代)が高騰していることで、どうしても低単価なNFTを上代設定することが難しい状況が続いていました。そんな中、最近注目を集めるイーサリアムのレイヤー2上で動作するPolygonは、ネットワークにおける取引手数料がほとんどゼロ円に近いことで、低単価なNFTを生成することが可能となりました。

「レプリカ・オタクコイン」NFTは、Polygonを活用することで、プレゼント・キャンペーンに活用したり、1個990円(税込)という低単価なNFTとしての販売が可能となりました。また、マーケットプレイス「nanakusa」では、Polygon上のNFTにも対応し、二次流通以降におけるロイヤリティ還元ができる仕組みを備えています。

■ 「レプリカ・オタクコイン」のイメージ

※上記はサンプル画像であり実際のデザインとは異なる可能性があります

■ 「レプリカ・オタクコイン」とは
「レプリカ・オタクコイン」は、有力ブロックチェーン「Polygon(Matic)*2」上で実現された、1万種類のカラーバリエーションからなるシリアルナンバー付きのNFTです。シリアルナンバーは、【R00001】〜【R10000】まで存在します。

世界中にいる熱狂的なアニメファンは、日本が誇るアニメ文化を世界に広げる活動をともに行うアニメ業界やコミュニティの仲間です。オタクコイン協会は、そんな仲間たちとともに、アニメ業界やコミュニティ全体を盛り上げ、より世界にアニメを広げていく活動の”旗印”として、オタクコインのロゴマーク©をベースに、レプリカデザインをNFTで作成、1万種類のカラーバリエーションで表現しました。各色につき世界に1つのNFTしか存在しません。

■ NFTマーケットプレイス「nanakusa」について

NFTマーケットプレイス「nanakusa」は、公認されたコンテンツホルダーやNFT販売事業者、個人活動するクリプトアーティストが制作したNFTの販売(一次販売)および、利用者同士が保持しているNFTを売買(二次販売)できるNFT売買プラットフォームサービスです。
NFTマーケットプレイス『nanakusa』

https://nanakusa.io

*1 ブロックチェーン技術・NFTとは?
NFTとは、インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけのデータ」を生み出せる代替不可能なトークンです。ブロックチェーン技術を活用することで、コピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことができます。また、取引のたびに一次創作者/社へ販売額の一部が半永久的・自動的にロイヤリティとして還元されるように設計できます。

現在、NFTは、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートに活用されています。特に海外のアート分野では、2021年初頭より数千万円規模での販売が話題となっています。最近では、Beepleという名で活動するアーティストが、250年以上の歴史を誇るオークションハウスChristie’s(クリスティーズ)でNFTを販売したところ、6,900万ドル(約75億円)で落札されたことで、世界中の話題をさらいました。

今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想され、本実証実験は、世界中から注目を集める日本発コンテンツ領域xNFTの、新たな挑戦となります。

*2 Polygon(Matic)とは
Polygon(Matic)は、イーサリアムのレイヤー2上で動作し、ネットワークにおける取引手数料がほとんどゼロ円に近いことが特徴です。昨今、イーサリアム上の取引手数料(通称・GAS代)が高騰問題を解決する有力候補とされています。また、Polygon(Matic)はプルーフオブステーク(PoS)のネットワークであり、従来型のプルーフオブワーク(PoW)で課題だった、過度の電力消費量がもたらす環境破壊への懸念も同時に解消するソリューションです。

■ 株式会社スマートアプリについて
会社名 : 株式会社スマートアプリ
所在地 : 東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階 HashHub内
代表取締役 : 高長徳
一般社団法人日本ブロックチェーン協会 正会員
ブロックチェーンコンテンツ協会 理事
WEB : https://www.smartapp.co.jp/

■ 一般社団法人オタクコイン協会について
オタクコイン協会は、日本のアニメ文化を世界に広げるため、ブロックチェーン技術をアニメ業界内への浸透・導入・活用を目指し、前身のオタクコイン準備委員会を含め、2017年12月よりアニメ文化発展のための活動を行ってきました。

また、アニメをより世界に広げる活動の一環として、多言語・複数メディア同時展開によるアニメスタジオインタビューを敢行。アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」、Facebook2,000万人登録「Tokyo Otaku Mode」、中国語圏大手の「Bahamut」など、世界中のアニメニュースサイトが連携した「世界が注目するアニメ制作スタジオが切り開く未来」を企画・主導し、日頃なかなかスポットが当たらない、アニメ作品を生み出すアニメスタジオ15社以上に、アニメ制作へ懸ける思いや制作の裏話を含めたインタビュー(http://bit.ly/AnimeInterview)を敢行するなど、地道な活動を続けてきています。

法人名:一般社団法人オタクコイン協会
所在地 :〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目5番3号
設立:2019年7月
事業内容:
ブロックチェーンのコミュニティへの活用
オタクコインの健全な発展及び運営
オタクコインのブランディング活動
オタクコイン関連プロジェクトの認定
公式サイト:https://otaku-coin.com/ja/

<NFTStudio OEMとは>

CryptoGames株式会社では2018年4月より、およそ3年ほどNFT事業に取り組み、実際に複数サービスの開発・運営・実証実験・サポートを行って参りました。その中で得た様々な知見を生かし、コンテンツ事業者向けに、簡単にカスタマイズNFTショップ・エコシステムを構築できる「NFTStudioOEM」の提供を開始いたしました。

・お問い合わせフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfFHvxGtxHBmCFt0gtKfaKb0AuiEQvF4I5W7GnvrzHX9EDidA/viewform?fbzx=-780782554282829796

・NFTStudioはこちら https://nft-studio.com/
Twitter:https://twitter.com/NFTstudio_com

■ CryptoGames株式会社について

NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。
2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

社名:CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7,300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です